秋の花粉症にご注意下さい!

夏の暑さが和らぎ、過ごしやすい気候になってきました。
外に出掛けた際、鼻がムズムズ「あれ?おかしいな?」と感じることはありませんか?

もしかしたらそれは、花粉症かもしれません。
花粉症というと春先のイメージですが、実は秋も花粉症が多い季節です。

花粉症は鼻炎や結膜炎という症状がよく知られていますが、
皮膚のバリア機能が低下していると、花粉が付着することにより皮膚炎を起こすことがあります。

当院では花粉のアレルギー検査も行っております。
お気軽にご相談下さい。

早めの対策をとり、快適な秋を過ごしましょう

※秋の花粉症の原因となる植物は、ブタクサやヨモギ、カナムグラなどで、
線路沿いや河川敷、住宅地付近の空き地に生えています。
背が低く、道路が舗装されていることが多いので、花粉の飛ぶ範囲はそんなに広くありません。
そのためブタクサなどが生えている場所に近寄らなければ、症状はある程度抑えられるでしょう。
散歩や通勤圏内にブタクサやヨモギなどがないか確認してみましょう。

2022年9月16日

🌸アレルギー体質、にきびにお悩みの方へ保険適応のビタミン注射あります🌸

保険適応のビタミン注射で、ビオチン注射を当院にて取り扱っております🌸

ビオチンとは、水溶性のビタミンで、ビタミンB群の1種でビタミンHとも呼ばれています。
抗炎症物質を生成し、ヒスタミンなどを過剰に作らせないという作用により、アレルギー症状を緩和する効果があります。
またビオチンは、皮膚を作る細胞を活性化させ、老廃物の排泄を促し、皮膚の機能を正常に保つ働きもあります。
その他に爪や髪の代謝にも関係しており髪の量や太さにも影響していると言われています。

肌のかゆみ以外にニキビへの適応もありますので気になる方はお気軽にご相談ください(*^-^*)

値段:3割負担で1本80円程度です。
本数:1日1~2本まで投与可能
間隔:週1または症状により変動あり
※ビオチン内服中の方は1日の摂取量を超えるためご申告ください。
投与方法:筋肉・皮下注射

 

2022年8月3日

🐛虫刺され(夏編)🐝

今回は、気温も上がりご相談が多くなっている
虫刺されについて簡単にお話したいと思います😊

蚊・ブユ・ムカデ・蜂・毛虫・ノミ・ダニ
など夏には多く虫が発生します。

その場で症状が出る即時型と、後から症状がでる遅延型と二つに分けられます。
即時型では虫の種類によりますが、アナフィラキシーショックがおこる可能性もあります。
特にムカデ・蜂には気を付けましょう!
虫の多い屋外に出る場合は、肌の露出・服の隙間を作らず、虫よけスプレーも使用し刺されないよう気を付けましょう!

同じ虫でも、酷く腫れたり、水疱ができたりと体質により症状に違いがでることがあります。
酷くなる前に刺されたらすぐに受診しましょう(^^)

2022年7月8日

白癬について①白癬(水虫)とは?

こんにちは、本日は白癬についてご紹介します!

今回は白癬とはなにかについてご説明していきます。

白癬とは、カビの一種である白癬菌が原因で起こる皮膚感染症です。
白癬(水虫)というと、一般的ににできるものだと考えられがちですが、手足の爪(爪白癬)頭部(頭部白癬)顔面・首をはじめとする体のいたる場所(体部白癬)、陰部(陰部白癬)などと、様々な部位で発症する可能性があります。

症状は、かゆみがある・乾燥して皮がむける・水疱や膿疱ができるなど様々で、いわゆる湿疹の特徴ともよく似ています。
白癬菌は通気性が悪くジクジクした所を好んで繁殖し、タオルや足ふきマット、スリッパからも簡単に感染してしまいます。
水虫の足を拭いたタオルで体を拭くことで、体部白癬になってしまうこともあります。

気になる症状がある方は一度ご来院ください。

次回は爪白癬について詳しくご紹介します!

2022年6月3日

~光線療法とは~

対応可能曜日:月・火・木(午後)・土

光線療法(エキシマ治療)とは?

紫外線の免疫抑制作用を利用して、過剰反応を起こしている皮膚の症状を沈静化させる治療法です。
エキシマ光線療法とは、これまでの光線療法より効果が高いと言われてる、短い波長の紫外線を患部に照射して処置する光線療法です。

従来よりも短い波長を使うことで、肘や膝など、今まで治療が難しかった部位でも高い治療効果が期待できます。

         

☀️適応疾患は?

・尋常性乾癬

・掌蹠膿疱症

・白斑

・アトピー性皮膚炎

・円形脱毛症

・類乾癬、菌状息肉腫()、悪性リンパ腫、慢性苔癬状粃糠疹

☀️治療方法は?

エキシマ光線を照射した後、外用薬を併用します。

☀️痛くはないの?

ほんわかと温かさを感じ、痛みはほとんどありません。

(ただし、当日・翌日は、日焼けによる反応が強くなることがあるので、強い日光は避けるようにしましょう🙏)

☀️治療期間の目安

💫尋常性乾癬・円形脱毛症

1~2回の照射で、10回目から効果が出始め、20~30回くらいが目安とされています。

💫掌蹠膿疱症・アトピー性皮膚炎

1~2回の照射で、3~10回目から効果が出始め、20回くらいが目安とされています。

💫白斑

2回の照射で、10回目から効果が出始め、30~50回くらいが目安とされています。

(あくまでも目安であり、肌質・照射頻度などにより変動いたします🙇‍♀️)

☀️通院頻度は、週に1~2回程度を推奨します🙌

☀️治療費は?

保険適用で治療が受けられます。

1回の照射は3割負担で、約1000円です。

(その他に診察料、投薬料などの料金が必要となります🙇‍♀️)

当院では、4/11よりエキシマ光線療法の導入が始まりまっております。お気軽にご相談くださいませ☺️

2022年4月27日

🦶ウイルス性いぼは、育つ、増える前に治療を開始しましょう✋

こんにちは!
まだまだ、寒い日が続きますが、体調管理には気を付けましょう!
疲れやすい、疲労が取れないなどお困りの方は、ニンニク注射(アリナミン注射)はいかがですか?
ブラセンタ注射、
美容注射との併用も可能となっております☆
予約なしでご案内可能となっております。お気軽にご相談ください。☺️

いぼ治療について

ウイルス性のいぼは放置していても治りません。
ウイルス性の為、増えたり大きくなったり、免疫力の低下している箇所には感染してしまいます。
大きさ、厚みによっては治療に時間がかかります。(早い段階での治療が大事です❗️❗️
当院では液体窒素療法による治療法で
1〜2週間に1度の間隔で治療をしていきます。
また、うおのめ、たこと勘違いしていたらいぼだったり、いぼが下に重なっているケースもあります。
あやしいと感じたらすぐに相談しましょう!

 

過去のいぼについての記事は下記リンクからどうぞ。

いぼってなんだろう?①

いぼってなんだろう?②(感染経路について)

いぼってなんだろう?③(液体窒素療法について)

 

 

 

 

2022年2月10日

しもやけについて

寒い日が続いてますね⛄
最近、相談の多いしもやけについて簡単にご紹介していきたいと思います(^^)

 

しもやけとは?

寒暖差による血管の収縮や拡張が繰り返されることにより、血流障害がおこることにより発症すると言われています。
症状として手・足、耳・鼻・頬などが赤く腫れたり、痒くなったり症状がでます。
主に発熱作用の弱いお子さんがなりやすいので体をあたため、マッサージ等で血流を良くましょう。
外用薬での治療が基本となっております。
お気軽にご相談ください。

2022年1月10日

⛄~冬のかさかさ・ガサガサは保湿で対策を!~⛄

こんにちは!毎日寒い日が続きますが
体調を崩さないようお過ごしください。

美容注射・疲労回復注射、肌にもうれしい美容成分配合の疲労回復注射も取り扱っているので体調が心配な方はエネルギー補給をしてみませんか?

詳しくは上記リンクをクリック✨

冬の本格的寒さから、肌の乾燥が酷くなる時期となりました。
寒暖差冷たい風暖房器具熱いお湯長湯なども原因で乾燥肌にダメージが加わり湿疹の原因にも
乾燥させないように日々の保湿が大切となりますので
お気軽にご相談くださいませ😊

2021年12月24日

🍂秋に多いアレルギーの種類🍂

こんにちは!だいぶ涼しくなってきましたね!

今回は秋に多いアレルギーを紹介していきたいと思います。

 

秋に多いアレルギーの種類

昆虫系

ダニ、ガ、ゴキブリ、ユスリカ(吸血しない蚊ですが、ダニと同様に死骸がアレルゲンとなったり洗濯物などにもついたりします。)

秋の昆虫系は夏に大量発生した後死骸となり、糞など洗濯物や寝具などに付着してしまいます。

それが原因でアレルギーを引き起こしてしまいます。

秋の花粉

キク科のブタクサやヨモギ、アサ科のカナムグラ、イネ科のカモガヤが代表的なものです。

これらの草が開花期を迎える9~11月に花粉が飛散し、花粉症を引き起こします。

その他

塵や埃、ダニなどの死骸や糞、カビなどがホコリなどのハウスダストが室内に舞い、アレルギーの原因に。

当院では血液検査でのアレルギーの検査が可能となっております😊

季節の変わり目は体調も崩しやすいので風邪またはアレルギーの診断が必要な時期でもあります、お気軽にご相談ください。

 

2021年10月13日

虫刺され(秋編)🐝

夏に多い虫刺されですが実は秋にも虫刺されに注意しなければなりません。

ツツガ虫という(ダニの一種)が山や草むらなどに生息しており

吸血するのは幼虫だけですが感染症などを引き起こすこともあります。

高熱、頭痛、発疹、リンパ節腫脹、刺し口などが見られた場合はすぐに病院を受診しましょう。

山や草むらにいく方は露出はしないようにしましょう。

その他にも、ムカデ、チャドクガ、スズメバチと秋は害虫の多い時期です。

最近では都心部でも害虫が現れている傾向もあるので注意が必要です。

 

刺された場合はすぐに病院を受診しましょう!

2021年9月15日

診療時間・アクセス

〒272-0133
千葉県市川市行徳駅前1-26-12 行徳駅前六甲ビル4階
東京メトロ東西線「行徳駅」徒歩0分

診療のお問い合わせは047-397-7777。
診療時間・アクセス
診療時間
診療時間
09:00~12:00 診療 診療 診療 診療 診療 診療 診療
15:00~19:00 診療 診療 診療 診療 診療    

※祝日休診

ニキビ一緒に治そうProject ワキ汗の情報・サポートサイト ワキ汗治療ナビ
ページのTOPへ移動します。